TOEIC 勉強法 社会人

TOEICですが、今も個人の英語力を測定するために使用されています。
企業によっては、採用や昇進の基準として一定の点数を定めている所もあります。
ですので、社会人になってからTOEICの勉強を始める方も多いです。

ですが、仕事が忙しくて勉強が進まない方もいらっしゃると思います。
使える時間も限られていますし、疲れていると集中するのも大変ですよね。

一方、社会人でもTOEICの点数を伸ばしている方がいることも事実です。
僕の友人もサラリーマンですが、約300点の点数アップに成功しました。

TOEICの点数を伸ばすには、勉強方法が大事です。
特に社会人の場合、あまり時間の余裕がないのですから尚更です。

当記事では、社会人の方も無理なく実践できるTOEICの勉強法をご紹介します。
TOEICの点数アップに、少しでも参考になる点があれば嬉しいです。

TOEICで点数を伸ばす為のポイント

TOEICですが、所詮は資格試験の一種です。
ですので、きちんと対策をすれば点数を伸ばすことが出来ます。
その為に大事なポイントですが、以下の3つです。

1.継続学習
2.TOEIC専用の勉強
3.問題演習
以上の3つですね。
一つ一つ、順番にご紹介していきます。

1.継続学習

まず、継続学習です。

TOEICの点数ですが、短期間で急激に伸びることはないです。
やることも多いですし、継続する中で徐々に実力が上がっていきます。

英語のリーディングでも、最初は何も分からなかったはずです。
ある程度出来るようになっているのは、中学生以降から勉強してきているからです。

出来る限り、毎日勉強する機会を作れるとベターです。
時間は問わないので、短い時間でも取り組めると良いです。

2.TOEIC専用の勉強

そして、TOEIC専用の勉強をすることです。

TOEICですが、頻出の英単語や文法問題があります。
であれば、TOEIC用の英単語学習、英文法学習をする方が良いですよね。

また、TOEICは出題パターンが決まっています。
なので、点数を伸ばす為のテクニックというのも存在します。
TOEIC専用の勉強をすることで、テクニックも習得出来ます。

3.問題演習

そして最後が、問題演習です。

TOEICですけど、時間制限があります。
初心者の場合、時間内に解ききれない方が多いです。
未回答の部分を、適当に埋めて提出する方がいます(笑)

時間内に回答する為にも、問題演習は欠かせないです。
回答速度も上がりますし、自分の苦手も分かるからです。

社会人に合ったTOEICの勉強法、アイテム

社会人の場合、生活の中心は仕事ですよね。
TOEICの勉強に充てられる時間も、限られてしまう方も多いかと思います。

書店に行けば、TOEIC対策用の書籍が沢山あります。
ですが、全てを買い揃えても消化不良になる可能性が高いです。
単語、文法書、リスニング本、問題集…多いですよね(笑)

僕がオススメしたいのは、スタディサプリENGLISHです。
英語学習だけに特化している、オンラインの英語学習サービスです。
最近、上記動画の様なCMや広告を出していますのでご存知の方も多いかと思います。

このスタディサプリENGLISHの中に、TOEIC対策用のコースがあります。
これがですね、社会人の方に非常に適しています。

圧倒的に続けやすい

最初の魅力ですが、圧倒的に続けやすいという点が挙げられます。

スタディサプリENGLISHですが、スマホやタブレットから利用できます。
また、短い時間でも勉強が出来るようにコンテンツが作られています。

通勤中や休憩、就寝前といった合間の時間をTOEIC学習に充てられるのです。
これなら、忙しい人でも続けやすいですよね。

これだけでTOEICの勉強が完結

また、これだけでTOEICの勉強が完結できるのも魅力の一つです。

サービス内には、英単語を筆頭にTOEICに必要な全ての機能が用意されています。
英文法では、満点獲得者の講師による動画講義もあります。
初心者の方でも、躓くことなく勉強が出来ます。

豊富な演習問題

そして、演習問題が豊富に用意されています。

気になる問題の質についても、公式問題集の製作スタッフが厳選しています。
ですから、本番との差がない良質な問題を豊富に触れることが出来ます。

特に凄いのが、毎月新しい問題が追加されていることです。
これにより、継続利用されている方も十分に問題演習が可能です。

お試しができる

最後が、初めての方はお試しが可能という点です。

人気のサービスですけど、使ってみないと不安があるかと思います。
有料ですから、合わなかった時を考えると躊躇いもありますよね。

スタディサプリENGLISHですが、新規の方はお試しが可能です。
それも一部コンテンツではなく、申し込んだプランの全コンテンツが利用できます。